JUGEMテーマ:広告





私たちの身近にある広告には、たくさんの種類があります。
たとえば、毎日目にするチラシでも、配布方法によって
以下のように分類されます。


・新聞と一緒に折り込まれてくる「折込(おりこみ)チラシ」

・自宅のポストに直接届く「ポスティングチラシ」

・駅や商店の一角に置いてあり、自由にもらえる「フリーペーパーチラシ」

・店頭で直接配られる「配布用チラシ(パンフレット)」



などなど。


これらは、一見するとすべて同じようなチラシに見えますが
実は、配布方法に合わせて、紙面のサイズや内容などを変えたほうが
効果が出やすいことをご存知でしょうか。

●たとえば…

「折込チラシ」なら…

 自宅で座って(紙面を広げて)ゆっくり見てもらえることを前提として
 大きめの紙面サイズ(B4〜)/内容をふんだんに/かつ鮮やかでもOK!


「ポスティングチラシ」なら…

 ポストから取り出したときに、余裕を持って手に持てる
 A4ノート程度のサイズ/インパクト重視で/取っておいてもらえるような紙面に
 (宅配ピザチラシなどは、この系統に分類されます)


「フリーペーパー」や「配布用チラシ(パンフレット)」なら…

 サッと持ち帰られるように、あえて少し小さめのサイズ/要点のみを簡潔に伝える/
 見やすい紙面が大事


このように配布方法によって、向いている紙面のサイズや内容などがある、と言えます。


同じ店舗や企業、商品を紹介(告知)するチラシでも
配布方法によって、誰に見てもらいたいのか(誰が見てくれるのか)
どんなときに見てもらえるのか、などが大きく変わってきます。

広告は、対象(見てもらいたい人)を意識してつくるものですから
逆を言えば「見てもらいたい人に確実に届く方法」で広告をする
ことが反響を呼ぶための、最も重要なポイント
なります。


--- --- ---

y_kaw27

チラシ・パンフレット・リーフレットなど、紙媒体広告のデザインは
y_kaw27(ykaw27design) へおまかせください!

【y_kaw27(ykaw27design)へのデザイン制作のご相談・お申込みはこちらから】


--- --- ---